お知らせ

秋のりんご健康診断実施中

 秋ですね、涼しくなり今年もリンゴ健康診断の季節がやってきました。
 定番の青りんご、赤りんご、完熟りんごの各コースに加えて今年は新りんごとしてりんごの芯を追加しました。運動するとすぐバテる、動きが鈍くなった、呼吸が荒い、吐くような咳をするといった症状が気になったり、過去に心雑音を指摘されたことがあるような方は一度心臓の検査を実施しましょう。

〈青りんごコース〉 一般身体検査 PCV TP Alb A/G T-Bil AST ALT γ-GTP BUN Cre T-cho TG Ca IP Lipa Glu
〈赤りんごコース〉 一般身体検査 青りんご+血球計算 Na K Cl
〈完熟りんごコース〉一般身体検査 赤りんご+T4(甲状腺) GA(糖尿病) 炎症(犬CRP、猫SAA)
〈りんごの心コース〉一般身体検査 聴診 心臓バイオマーカー(犬ANP 猫BNP) 胸部レントゲン撮影

なお当日は絶食でのご来院をお願いします。また結果は後日となりますのでご確認下さい。

カテゴリ:お知らせ 2015年10月19日

オゾン療法はじめました

オゾン療法とはオゾンガスを用いたいろいろな治療です。
 最近ヒトで〈アンチエイジング〉や〈血液クレンジング〉といったことで話題になっているため聞いたことがある方もいらっしゃるでしょうが、まだ日本ではなじみの薄い治療法です。でも実は海外、特にドイツでは30~40年前から実施されている治療法ですし、イギリス王室の女王様が長生きなのこのオゾン療法のおかげでは?なんていわれたりしています。そんなオゾン療法ですが近年では獣医療でも行われるようになってきました。そこでひろ動物病院でもこの〈オゾン療法〉を導入いたしました。気になる方はご相談下さい。

〈効果)
細胞の酸素化、血流改善、全身の代謝改善、抗酸化作用、免疫機能の正常化、抗菌&抗ウイルス作用など
〈治療対象〉
加齢による体調不良、アトピーなどの皮膚病、椎間板ヘルニア、肝障害、ウイルス感染症、口腔疾患、高齢期の慢性疾患、腎臓病、ガンなど
〈治療法〉
 ・自家血液療法:血液を採血し、その血液とオゾンガスを混合し、体内へ戻す方法
 ・注腸法:直腸へカテーテルを挿入し、そこからオゾンガスを注入する方法
 ・皮下注射法:病変部の皮下へ直接オゾンガスを注射する方法

 注腸法ではおしりで体温を測定する時とそんなにかわりませんし、皮下注射法でも普通の注射を打つのと同じ感じなので動物の負担が少なく手軽に実施することができ、また副作用も現れにくい治療法です。12月末まではお試し期間中なので、興味のある方はご相談下さい。

カテゴリ:キャンペーン, 学術 2015年10月19日

10月13日の診療時間について

10月13日は以下のように午前中の診療時間を短縮させていただきます。

午前9:00~10:30
午後4:00~6:30

午後は通常通りです。
ご不便おかけいたしますが、よろしくお願いします。

カテゴリ:お知らせ 2015年10月10日

シルバーWは休診

9月20日(日)~23日(水)のシルバーウィークは
カレンダー通りお休みですのでご注意下さい。

カテゴリ:お知らせ 2015年9月14日

臨時休診のお知らせ

9月8日(火)午後はセミナー参加のため休診となります。
午前中は通常通り診療いたしておりますので、
お間違えのないようよろしくお願いします。

カテゴリ:お知らせ 2015年8月20日

眼の健康診断〈アイアイちぇっく〉実施中

毎年恒例の【アイアイちぇっく】を実施しています。
前眼部検査、涙液量検査、眼圧測定、眼底検査、視覚検査のセットとなります。
通常よりもオトクに実施できます。

眼の健康診断を受けてみようと思われた方は予約制となりますので
ご相談下さい。  (9月末まで)

カテゴリ:キャンペーン 2015年8月20日

夏季休診のお知らせ

8月12日(水)は午前のみの診療とさせていただきます。

8月13日(木)~16日(日)まで夏季休診とさせていただきます。

カテゴリ:お知らせ 2015年7月28日

7月30日(木)臨時休診

7月30日(木)はセミナー参加のため臨時休診となります。
ご不便おかけいたしますが、よろしくお願いします。

カテゴリ:お知らせ 2015年7月9日

6月16日(火)午後休診のお知らせ

臨時休診のお知らせ

6月16日(火)の午後はセミナー参加のため午後休診とさせていただきます。
ご不便おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
なお、午前中は通常通り診療を行います。

カテゴリ:お知らせ 2015年6月1日

犬も心臓手術

昨日は、若手獣医師が集まる勉強会「六青会」に参加してきました。

眼科検査についての講義や、手術後に皮膚脱落を認めた犬の症例検討が実施されました。

更に老齢犬でよく認められる心臓疾患である「僧帽弁閉鎖不全症」についての講義も有りました。
通常行われる投薬などの内科療法だけでなく、
最近は犬でも心臓手術を実施して僧帽弁閉鎖不全症を治しているとのこと。
日本で出来る施設は限られますが、これからは犬の心臓病は手術で治す時代になっていくかもしれませんね。

カテゴリ:学術 2015年5月18日

1 2 3 4 5 6 7
アクセス

佐鳴台ホワイトストリート沿い
オレンジの看板が目印です

【お車】雄踏バイパスよりお越しの場合は
    イオン浜松西店を佐鳴台方面へ
【駐車場】病院横に10台以上あり
     広々で安心して停められます
【バス】佐鳴台6丁目南バス停より徒歩1分
    佐鳴台小学校バス停より徒歩5分
【住所】〒432-8021
    静岡県浜松市中区佐鳴台2-32-35
【TEL】 053-449-2751

犬、猫
一般診療(内科・外科)、眼科診療、
ホモトキシコロジー、予防獣医療、
避妊・去勢手術、健康診断、
オゾン療法、しつけ教室